目の下の悩みって色々ありますよね。

クマやくすみ、たるみ、加齢によるものなどなど・・

目元のスキンケアにはアイクリームが一番です。

今目元専用美容液として人気なのは「アイキララ」が有名ですよね。

でも実は最近人気急上昇中のアイクリームがあります。

それは「メモリッチ」。

アイキララにするかメモリッチにするか・・?

悩んでる方のためにアイキララとメモリッチについて調べてみました!

その結果は・・・っ!!

ずばり!

・アイキララは目の下の皮膚痩せに特化!加齢によるコラーゲン減少にアプローチして肌の悩みの基本的な原因を解決。ぱっちりと明るい目元になりたい人におすすめ☆コラーゲン重視

・メモリッチは目元の悩みの全般にアプローチ!美容成分が豊富でまぶたなどにも使えエイジングケアにピッタリ☆乾燥重視

・・って感じでしょうか?
あ、ちなみにアイキララも上まぶたに塗ってももちろん大丈夫です。

やっぱりアイキララとメモリッチの一番の違いは成分の多さの違いですかね。

それぞれの成分をみてみたいと思います。

【アイキララの成分】

水・DPG・コメヌカ油・パルミチン酸エチルヘキシル・グリセリン・ベヘニルアルコール・トリエチルヘキサノイン・ステアリン酸グリセリル・ステアリン酸・セテス-25・ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸・パルミトイルテトラペプチド-7・パルミトイルトリペプチド-1・クリシン・N-ヒドロキシコハク酸イミド・ステアレス-20・グルコン酸クロルヘキシジン・アボカド油・アンズ核油・ヒマワリ種子油・カニナバラ果実油・ナットウガム・BG・ジメチコン・トコフェロール・シア脂・コレステロール・エチルヘキシルグリセリン・カプリル酸グリセリル

【メモリッチの成分】

水・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・グリセリン・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・イソステアリン酸水添ヒマシ油・プロパンジオール・ステアリルアルコール・ジメチコン・シクロペンタシロキサン・ペンチレングリコール・メタクリル酸メチルクロスポリマー・(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸・トコフェリルリン酸Na・パルミトイルトリペプチド-1・パルミトイルテトラペプチド-7・カプロオイルテトラペプチド-3・オリゴペプチド-6・ペンタペプチド-18・トリフルオロアセチルトリペプチド-2・ナイアシンアミド・クリシン・セラミドNG・セラミドNP・セラミドAP・加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン・水溶性プロテオグリカン・ヒアルロン酸Na・ヒメフウロエキス・ダイズ発酵エキス・シャクヤク根エキス・セイヨウトネリコ樹皮エキス・コプチスチネンシス根茎エキス・セイヨウオオバコ種子エキス・ノイバラ果実エキス・サトウカエデ樹液・ヒマワリ種子油・キョウニン油・アボカド油・ローズヒップ油・ダマスクバラ花油・ベルガモット果実油・ビターオレンジ花油・ラベンダー油・スクワラン・酢酸トコフェロール・N-ヒドロキシコハク酸イミド・水添レシチン・イソセテス-10・イソセテス-25・ステアレス-20・ポリソルベート60・イソステアリン酸ソルビタン・ステアリン酸グリセリル(SE)・コレステロール・シラントリオール・カプリリルグリコール・BG・グリコール酸・クエン酸・クエン酸Na・ペンテト酸5Na・フェノキシエタノール・キサンタンガム・ナットウガム・デキストラン

なんていうか、パッとみでもメモリッチの成分量が多いって感じますよね。
でも、誤解してほしくないのはアイキララのほうが成分が少ないからアイキララが駄目ってことではないと言うことです。

それぞれの特徴としては

アイキララにはMGAというビタミンC誘導体が使われています。

MGAは主にコラーゲンをサポートする成分で加齢によって失われた弾力やハリを取り戻してくれて目元にふっくらと若々しい印象を与えてくれます。

皮膚の薄い目の下のコラーゲンを増やすことで目元の血色を良くしてクマの原因となる皮膚痩せにアプローチしてくれます。

そしてメモリッチには3LGAというビタミンC誘導体が使われています。
これは主にセラミドという成分を増やして乾燥に負けない肌環境を整えてくれます。

目元は乾燥しやすいので、それを防ぐことでふっくらした目元にしてくれるのです。

こうしてみると、根本的にどちらも目元をふっくらさせる成分が入っていて
成分的にはどちらも遜色ない結果です。

でも・・
実は目の下の悩みって「クマ」だけではありませんよね。
そう、たるみの他もシワなども気になってきます。

どうせアイクリームを使うならそういった問題を全て解決したい!
って誰もがそう思いますよね。

で、それを考えると実はメモリッチの方がエイジングケアにむいていると言えます。

なぜかというとエイジングケアに有効な成分がメモリッチに多く含まれているからです。

メモリッチにはメモリッチ独自の成分のアイキシルが配合されています。
このアイキシルには5種類のペプチドが使われていてこのペプチドには細胞を活性化してくれる働きがあるのです。

なので、メモリッチはこの独自成分で目元にしっとりとした潤いを与えてくれて、プルプルとしたハリを作ってくれたり、キメを整えてくれます。

トータル的に考ええればエイジングケアに向いているメモリッチがお得かなという印象ですが、口コミをみてみると・・・

結局双方とも大体似たような感じw

効く人もいれば効かない人もいる。

まぁ、アイキララのほうが数的にはメモリッチより売れているのでその分効かないっていう人も多いのかもしれませんが・・。

じゃぁ、結局どうなの!?ってことですが

メモリッチはトータル的に目元のエイジングケアをしたい方むけ。

アイキララはコラーゲン重視で目元にふっくら感を取り戻したい人むけ。

ではないでしょうか?

でも、とりあえずどちらも返金保証がついていますので
最初は返金保証使うつもりでガッツリお試しして、自分の肌に合うものをチョイスするのが一番だと思います。

>>>目の下の年齢サインの原因を根本から対策!『アイキララ』詳細はコチラ

>>>トータル的目元エイジングケア!『メモリッチ』詳細はこちら













乾燥肌に苦悩している人の割合というのは…。

ホホバオイルとかベビーオイルなどの肌に負荷を与えないオイルを使ったオイルクレンジングと呼ばれるものは、鼻の頭に生じる悩ましい毛穴の黒ずみを解消するのに役立ちます。

有酸素運動に関しては、肌の新陳代謝を促すためシミ対策に有益ですが、紫外線を浴びては元も子もないのです。

だから、室内で行なえる有酸素運動を取り入れるべきでしょう。

毛穴に詰まったうざったい黒ずみを力任せに取り除けようとすれば、あべこべに状態を劣悪にしてしまうと指摘されています。

正当な方法でやんわりとケアしてください。

ボディソープについては、良い香りのするものや外見が魅力的なものが多種多様に開発されておりますが、選定する際の基準としましては、香り等々ではなく肌にストレスを齎さないかどうかだと理解しておいてください。

肌が乾燥しないようにするには保湿が外せませんが、スキンケア一辺倒では対策としては不十分でしょう。

一緒に室内空調を適度にするなどの工夫も大切です。

日焼け予防に、強力な日焼け止めン剤を塗るのは推奨できかねます。

肌に対する負荷が小さくなく肌荒れの誘因となってしまいますので、美白を語れる状況ではなくなってしまうでしょう。

化粧品とか乳液などのスキンケア商品をなんやかんやと買い求めるとなると、当たり前ですが高くなってしまいます。

保湿と言いますのは日々実施することが大切なので、継続できる金額のものを選ぶべきです。

上質の睡眠は、お肌にとっては最高の栄養だと断言します。

肌荒れが何度も繰り返される場合は、とにかく睡眠時間を取ることが大切です。

スキンケアに励んでも元の状態に戻らないデコボコのニキビ跡は、美容皮膚科で良化する方が賢明です。

完全に実費負担ということになってしまいますが、効果抜群です。

化粧水に関しては、コットンを用いるのではなく手で塗付する方がいいと思います。

乾燥肌だという方には、コットンで擦られますと肌への負荷となってしまう危険性があるからです。

ナイロン仕様のスポンジを利用して頑張って肌を擦りさえすれば、汚れが落ちるように感じるでしょうけれど、それは勘違いです。

ボディソープを泡立てたら、温和に両手の平で撫でるように洗うことがポイントです。

乾燥肌に苦悩している人の割合というのは、高齢になればなるほど高くなることが知られています。

肌の乾燥が気になる場合は、季節とか年齢によって保湿力が際立つ化粧水を利用したいものです。

運動に勤しまないと血液循環が勢いを失くしてしまうことが知られています。

乾燥肌で苦労しているのなら、化粧水を付けるようにするのは言うまでもなく、有酸素運動で血液の循環を良くするように心がけましょう。

しわというものは、ご自身が生き延びてきた歴史、年輪のようなものです。

良いしわができているのは嘆くことではなく、自画自賛するべきことではないでしょうか?
瑞々しい美肌は、一朝一夕に作り上げられるものではないのです。

長い時間を掛けて丁寧にスキンケアに力を尽くすことが美肌に繋がるわけです。